賃貸住宅で必要な補償範囲について

賃貸住宅の場合、住宅トラブルが発生した時に火災保険に入っているか否かで、
補償される金額が異なり、負担も小さくなります。

例えば、火災が発生した場合は焼けてしまったものの後片付けの費用から、
仮住まいのための費用などが必要となってしまい普通の保険だけではまかないきれない
大きな負担となってしまいます。

火災などのトラブルは日常生活を大きく変えてしまいます。
費用を補償してくれるかどうかでその後の生活が変わります。

火災などは日常の中の気の緩み、他者の悪意で発生するものです。
叶うならば、建物、家財、個人賠償責任、そして、後片付けなどの諸費用などを
支払ってくれる保険を掛けた方がいいです。

また、賃貸マンションなどで火災保険を選ぶ場合はそのマンションの管理組合が火災保険を
つけているかいないかを調べることが大切です。
保険をかけていなかった場合、ロビーやエレベーターなどの
他の住居人との共有している部分を含めた火災保険を契約する必要があります。

他に気をつけることは保険は建物部分にかけることと、保険期間は出来るだけ長期間で設定することです。前者はそうしなければ土地まで保険をかけることになり、保険金にかけすぎになってしまいます。
後者は、保険期間が長いだけ後々の負担額が減るためです。

コメントは受け付けていません。