他の口座との損益通算・損失の繰越控除について

NISAとは、少額投資非課税制度といって、投資をすると税制面で優遇措置を受けられる制度のことです。投資がしやすくなる半面、注意しないといけないこともあります。投資をするために証券会社に口座を持っている人と比較してみていきます。
この場合、配当金を得た場合には税金を支払わないといけません。しかし確定申告として、ほかの証券会社で損失を計上してしまった場合、その損失分をマイナスにして税金の申告が可能です。このような方法で税額を確定する方法は損益通算といいます。
その他にも繰越控除という方法があります。損益を通算して、相殺しきれないマイナス分が残った場合、最長で3年間にわたってその後取引の結果利益が出た場合に、このマイナス分を差し引いて申告できるのです。
NISAの場合、この両方ができないということを理解してください。もし取引をして損をしてしまうと、損益の通算や繰り越しによる控除が全くできません。ですから損切りをするような事態に発展してしまうと、税金の負担が証券会社を利用する通常の方法と比較すると大きくなってしまいます。
このようにNISAには決してプラスポイントだけではなく、マイナスもあることを理解してください。その上で運用すべきかどうかを判断することです。

コメントは受け付けていません。