NISAを利用するときの着目点

個人の資産運用を促進するために、一定の取引限度以内なら、非課税となる特定口座NISAの申込みが順調だと聞きます。今後投資を始めようと考えている方、まずは少額からスタートしたい方にはおすすめです。それを利用するときの注意点がありますので、事前に必ず理解しておくことをおすすめします。
まずその口座を持つのは、一人当あたり一つの金融機関で一口座に限られています。複数の金融機関で、作ることはできません。非課税のメリットを受けられる期間は、5年と決められています。
使い方に関する注意点は、売却した時です。その口座では最大で非課税で取引できる金額に、上限が設けられています。投資取引の一環として、口座に持っている株式や証券を売却することがあります。その時に売却した分だけ、新たに上限枠が増えたと思われがちですが、その分を新たな投資用として使用することができないのです。資産運用で、課税される口座との大きな違いはそれにあります。
配当を受けて、口座の金額が上限に達した時は、それを再度投資に回すことはできません。それ以上の投資運用に関しては、課税対象となる口座にて行うしかないのです。その口座により得た利益は別枠として、考えます。他の資産と合算して損益勘定することが、認められていません。

コメントは受け付けていません。