不動産会社が指定した火災保険ってどうなの?

賃貸マンションを借りる際には、多くの場合不動産会社が指定する火災保険に加入することになります。火災保険は万一マンションで火災を起こしてしまったり、水漏れなどで下の階の人に迷惑をかけたりした場合の補償に使われます。
自分が原因でマンションの住人や大家さんに迷惑をかけたときには、その損害分を賠償しなければなりません。しかしそれらを賠償できるだけの財力がなければ、損害を被った人が損害を自分で保証しなくてはならなくなります。それを防ぐために、賃貸マンションでは入居の際に火災保険への加入を義務付けています。
指定されたものにそのまま加入するのが最も手っ取り早い方法ですが、実際には指定されたものに加入しなくても構いません。自分で別の保険会社の火災保険を選んで加入することも可能です。
火災保険の内容は契約書に記載されています。まずはその内容を確認して、自分にあった保険であるかを確認します。足りないと思えばもっと大きな保険を自分で選んでもいいですし、逆に保険料を抑えるために小さな保険に加入しても構いません。
ただしマンションごとに、どのくらいの保険に入らなければならないと決められていることもあります。その場合は別会社でもそれにあわせたサイズの保険に加入しなければなりません。

コメントは受け付けていません。