保有している上場株式などは対象外

初めて投資を始める人は、どんな商品で運用したら良いのか迷うものです。銀行等の定期預金程度だったのが、物足りなくなり、もっと収益を上げたいと思うのは必然のことです。
そうなると株式投資や投資信託などの投資を、始めてみようと考えるものです。平成26年1月より、少額投資非課税投資いわゆるNISAが始まりました。平成26年1月より、課税制度が元にもどり、収益の20%が課税されることになりました。
NISAの場合は元本が100万円までの投資で非課税となります。これは嬉しい処置です。値上がりして売却した収益や配当金も税金がかからない制度なのですから。これを有効に活用しない手はありません。
注意しなければならない点は、NISA口座を別途開設することです。そして他の口座とは別管理となります。ですから従来から持っていた、上場株式は対象外です。
NISA口座で新規に投資購入しなければ、対象になりません。面倒ですが、NISA口座で注文をしなければ、非課税制度は受けられないのです。そして対象は元金100万円までですので、それを超えると一般口座扱いになるということです。
NISAは1年間に1口座開設することが出来ます。これは証券会社や銀行など合わせて、1社だけです。良く考えて口座を開設することです。

コメントは受け付けていません。