賃貸マンションの火災保険選びについて

賃貸マンションを契約する際、不動産会社から保険への加入を義務付けられることも多々あります。殆どの場合は不動産会社が取り扱っている火災保険に加入をするのですが、勿論加入自体は任意です。
賃貸物件は、部屋つまり建物そのものに対する保険は物件のオーナーが契約するものです。しかし、賃借人が部屋を借りた際、自分で用意した家財に関しては賃借人自身が保険に加入しておかないと、例えもらい火であっても賠償請求が出来ません。
これは民法上に規定されている失火責任法により、重大な過失での失火させた場合でなければ、類焼責任は問われないからです。
その為、自分の家財を守る家財保険には加入しておく方が無難であることは間違いありません。
また、万が一自身の過失により失火させてしまった場合、他人の家財等に賠償責任は生じなくとも、建物そのものに関しては、物件オーナーに対して建物を返す際の原状回復義務は発生します。
これに対応する保険を借家人賠償責任保険といい、特約付帯として契約することが一般的です。
注意点として、貴金属や美術品など高価な物は契約時に申告の必要があることや、隣人トラブルなど個人賠償責任の保障は上記の保険に含まれません。保障内容を丁寧に説明してくれる保険会社を選ぶようにすることが大切です。